読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とはずがたり

ぬるま湯の中 首までつかってる いつか凍るの それとも煮え立つの

里見八犬伝@新国立劇場 中劇場〜雑感

舞台

東京楽の感想です。
ツイッタで散々わめいたのでスッキリしちゃっててwこっちで書くことなくなりましたね。


まあなんだ、たぶん期待し過ぎていたんだと思います。
はいくでも言ったけど、コスパ悪い。湯水の如くお金と時間があるなら何回みてもいいけど、悔しいかな限りのあるものだし。マグダラに行けてない現実を考えると、1回でよかったわって思っちゃいました。
満足度で言ったら確実にマグダラが上だったろうとか思っちゃった時点で、八犬伝を好きになれなかったということ。悲しいけれど。八犬士それぞれの殺陣はかなり見応えあって良かったんですけどね。ダイジェストのようになったのが気になって、どうも夢中になれなくて。まあ、長いお話を2時間強の舞台にまとめるってだけで無理があるんだという、諦めをしていなくてはいけなかったんだと思います。っていうのを、フォロワーさんに言われて納得してます、いまは。あと原作とはラストが違うことも教えてもらったし。
でも会場ではそんなこと知る由もないので、スタオベで盛り上がるカテコで私のテンションはみるみるひいていきまして、立ち上がる気にもなれず、ボーッと眺めていました。もちろん拍手はしてましたよ。


矢崎さん的に次のどりじゃんが楽しいのはわかりきってるし、1回は行くつもりなんだけど。るひまであのキャストで板垣さんで…っていうところでもって安心しちゃうのは違うと思うんですよ…。私は矢崎さんのホームが戦国鍋だとは思えていないので。テニミュ終えて、あんまりミュキャスの典型的な仕事の流れに乗らないできている方なので、ここにきて鍋キャストとして扱われるのは戸惑うのよー。


なんて書いて下書き保存しておいたら、お仕事情報きてましたね。トライフルだよー!コメディ!こういうの!こういうの待ってた!誰がなんと言おうと私はどりじゃんよりマティーニが楽しみです。