読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とはずがたり

ぬるま湯の中 首までつかってる いつか凍るの それとも煮え立つの

2016年総括

活動記録

あけましておめでとうございます。
Twitterでは滑り込みで2016年総括ツイートできたのですが、改めてこちらにもまとめておきます。
備忘録なのでね。

1月

なし

盛大に2016年活動指針を掲げたためか、当時の私にしては慎重なスタートをきれたのでは。

2月

1月と打って変わって調子に乗った1か月ですね。
「夫婦」は橋本あっちゃんのツイートで知って気になって仕方なくて観に行ったもの。ハイバイさんの中では毛色の違う作品らしいし、今後も追ってみたいという気持ちにはならなかったけれど、ああいう衝動的に観たくなった時の心の動きっていつまで経っても忘れないもので、わりと今でも鮮明に思い出せます。こういう経験を大事にしたいなあと思える観劇初めでした。
「SHOW BY ROCK~」は活動指針に従えばスルーかな、と思っていたのですが、原作好きの友人に誘われたのでいそいそとチケットを取り、どうせ観るなら…とアニメを観てゲームを始めた結果、ロムとジューゾーくんの関係に萌え、それなりに楽しみになって当日を迎えました。なんなら今でもたまにゲームしてますしね。まあ、追ったら追ったで良い出会いもあるんだよなーと思い直す公演でした。でも、これを毎作品にやるかというと、体力的な問題もありますよね。
「まんがまつり」は、フォロワーさんがずっと言ってて気になってた劇団に、昔好きだった岩井七世ちゃんが出るってもんだから観に行ったのでした。作品はもちろん面白くて予約特典のDVD観直したりするぐらい好きなんだけど、とにかく、ななちゃんが可愛かった…。もっとちゃんとお芝居観たいなと思ったし、とにかく顔が好きなのでビジュアルブックとか出してくれないかな…。
パラノイアサーカス」は、2月すでに3作品も観るから、と悩んでたけれど、キャストとテーマとチラシのビジュアルに負けて観に行くことに。素敵なセットの中を派手な衣装で動くキャストに笑って泣いて、少年社中が作り上げる世界が好きだなあと思うのでした。

3月

エタチカ、矢崎オタ的には深津絵里の弟…!!っていう興奮が抑えきれなかったですね。あとは女形観てみたかったという気持ちが満たされて良かったです。
「帝一~」は見事なラスト。しかし私は周囲が盛り上がれば盛り上がるほど引いていくのを感じてもいまして。自分的なピークは第2章だったかなーなんて。今考えたら、帝一に乗り切れなかったことは、みつやさん離れの要因として大きいのかもな、と思います。

4月

  • D2 LIVE ∞年328組入学式@表参道GROUND
  • 劇団壱劇屋「SQUARE AREA」@王子小劇場

複雑な心境でのぞんだソロイベント。印象に残っているのは、後ろにいた、おそらく忍ミュ入りの古参オタが、GROUNDがうまるくらいになったなんて!埋まらないと思ってた!って喜んでいたこと。私はGROUNDはさすがに足りないって思っていたんですけどね。意外とそういうもんなんだな、シビアな世界だな、なんて思ったりしたのでした。それでもやっぱり楽しかったし行ってよかったと思っているけれど、同じくらい距離も感じたイベントでした。
「スクエリ」は迷わず観ると決めました。大阪に行かなくても壱劇屋が観られるというのはとても喜ばしいことです。最前でみたスクエリはド迫力ではりつめた緊張感が笑いでふっと緩まるバランスもちょうどよくて、ああ壱劇屋さんのことは、きっと毎公演は難しいけれど活動を追ってみたい、観続けたい、気にしていたいな、と思わされたのでした。

5月

5月は、みつやざきが稽古期間ということで観劇は無し。いつもはこのへんでテニミュとか、ネルケ舞台に行ってたんでしょうね。
めいめいの卒コンをどうしても観たくなって、めいめいがいるアンジュルムをみておかねば、と思って急いで取ったライビュのチケット。映画館でひとり涙しながら観る卒コン、私は嫌いじゃないです。
℃-uteSSAは6月12日と決まったわけですが、そのとき私はどうしてるんだろうなあ…

友達の結婚式に参加するために。2016年のこととは思えないくらい遠い記憶だな…。

6月

「また逢おう~」は、以前ならば一体何公演入ったのだろうか…というほどの胸熱案件でした。たぶん、両方の初日楽と中日で6回なのかなあ…。結局は両方1公演ずつ。キャラメルさんで、しかも再演を重ねている作品で、面白くないわけがないんだけど、もうグングンとストーリーに引き込まれて夢中になっていく感覚がたまらないですね。
「℃ONCERTO」、この頃はまだ、こんな未来があるなんて知らなくて、やっぱり℃-uteが好きだと再認識し、今年はちゃんと追いかけたいな、そんな気持ちでいっぱいのときでした。今でもその気持ちは変わらないし、きっとこれからも同じ。
「フラ負け」、最初は観に行く気はなかったんですけど、結局気になって観に行くことに。当日券だったので席は悪かったけれど、またバラックとヒュンケルに会えてよかったです。

7月

オフブロードミュージカルってこんなに楽しいんだ、っていう発見。曲が聴いたことのある耳に馴染む曲だから、というのもあるかもしれないですね。

2度目の体験ダイビングで、水中を泳ぐ楽しさに触れ、Cカード取得を意識し始める頃です。
また行きたいなあ…


8月

「天球儀」は、2016ベストを決めるなら天球儀かな、というくらい好きな作品です。決してハッピーエンドとは言えないけれど、でも気持ちの良いラストが末満さんらしくないといえばそうなのかもしれませんが、私は好きです。
宮本武蔵~」は独特の雰囲気で、山田と矢崎さんの素のどこか緩い部分とリンクして個人的には楽しめました。苦手な人もいるのかな、と思いますが、ミュージカルが大好きなわけでもない私は矢崎さんがミュージカル尽くしになるとそれはそれでもやっとすることもあるので、がっつりストレートなのも良かったですね。
母からチケットを譲り受けて宝塚へ。端的に言って、最高。龍真咲さん、退団だけど恋に落ちた…ちゃぴちゃん、と呼ばれていた娘役トップの方が綺麗すぎて小顔過ぎて遠近がばかになりそうでした。年1くらいで宝塚は見ておきたい。
そして、実はこれが観劇納めだったのでした。
Buono!Festa」はチケット取れなくてライビュへ。Buono!はもちろんのこと、℃-uteもカンガルも短い時間で魅せてくれて濃いコンサートでした。雅ちゃんの新ユニを観たいという気持ちも強かったので、ピンククレスが期待以上で嬉しかったです。良い意味でハロプロ色の薄い2人と雅ちゃんなので、今後どうなるのか楽しみです。ひかるちゃんの顔が好き。
舞美ちゃんの握手会は緊張しすぎて記憶薄いです。オフショルのオールインワンの舞美ちゃん、美しい肩を生でみて卒倒しそうでした。写真集は、どのページ開いても美しくて、舞美ちゃんに不細工な角度など存在しないのだな…と。

そして、℃-uteの解散が発表された月でもあります。ここは自分のための備忘録なので、たまに記事を読み返すこともあるのですが、未来の私がもし読んでいるのなら、くわしくは自分語りシリーズで語っていると思うから読み返しておくれ。

9月

解散発表をうけてから初めてみる℃-uteちゃんは変わらず可愛くてかっこよくてパーフェクトで、何をどうするわけでもなく、私は彼女達が駆け抜けるのをただ眺めていよう、と決めたのでした。

  • ダイビングショップ申し込み

9月下旬には、Cカード取得のためにダイビングショップに通い始めました。

10月

楽しかった!以上!
これに関しても書きかけのエントリがあるから早めにあげたいとは思っているんですけどね。

11月

  • ハロ!モバPresents 「矢島舞美鈴木愛理 アコースティックライブ2016 ~コロンの娘。ふたたび~」@山野ホール
  • ℃-ute 30thシングル『夢幻クライマックス/愛はまるで静電気/Singing~あの頃のように~』発売記念グループチェキ会@ベルサール飯田橋ファースト

やじすずアコイベ最高でした。このためにハロモバに入会したのですが元は取りましたね。席は後ろの方だったけど、山野ホールのキャパ自体が小さいので肉眼でも十分…。そして何よりも綺麗な歌声。愛理は言わずもがなだけど、舞美ちゃんの歌も好きだなあと。持ち歌のアコースティックアレンジもよかったけど、yellとサマーヌードが良かったです。
そして、チェキ会なんてものを体験したのでした。

12月

チェキ会も2回目3回目となるうちに、どんどん勝手がつかめてくるもので、楽しくなってきましたね。でも、何ループもしたいと思うものではないし、個別チェキでメンバーとコミュニケーションを取りたいと思うものでもないなあというのが、体験したあとの気持ちです。

  • オープンウォーターダイバー/アドバンスドオープンウォーターダイバー取得

OW取得したあとに、勢いでAOWを取得したのでした。自分でも驚くくらいの行動力。



そんな2016年。何回振り返っても、こんな未来は想像してなかった、と笑ってしまう。なんでこうなったのかな。人生は何が起こるか分かりませんね。不思議なものです。
2016年の始めは、どうせ年末に大量の観劇記録を書くのだと思っていたし、春先はJUMP担まっしぐらかなと思うようになったし、夏頃にはteam℃-uteになろうと決意して、秋以降ダイビングにすっかり骨抜きに。
この活動記録だけでも、例年とは違い迷いに迷った1年だったことは明白ですが、結果的には大きな一歩を踏み出すことができたと思っています。たかがダイビングを始めただけで大袈裟かもしれないけれど。
この年末年始で3組の結婚(するかもしれない)報告をうけたのですが(ご祝儀貧乏怖い…)、おめでとう~とか、結婚式呼んでくれるの?ありがとう~なんていうやりとりをしながら強く思っていたことがありました。それは、この報告が数か月前じゃなくて良かったな、ということ。もし少しでもタイミングがすれていて私がまだ迷っている途中だったら、きっと本心からおめでたいと思える精神状態ではなかった…はず。個人的に、停滞し続けている心に最も攻撃力があるのって結婚や妊娠かなと思うんです。勝ち負けとかじゃなくて、暮らし方やライフステージが変わるということが、なんかまあ羨ましいんですよね。でもダイビングしてると刺激的なことばっかりだから、いまはまだその変化は間に合ってますって感じで。攻撃力を失ったわけではなくて、私の防御力が上がったかHP回復したかのどっちかだと思いますけど。とりあえず「友人の結婚」に対して、喜ぶ以外の感情が生まれなくて本当に良かったし、それは間違いなく新たに出会った趣味のおかげで。だから、大きな一歩。もうすぐ人生の半分以上を一緒にいるような友人の結婚を心からお祝いできて本当に良かったなあ…とここまで書いて、その人がこれ読んでる可能性に気づいたけど、まあいいか。そう思っているんですよ、わたしは(笑)