読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とはずがたり

ぬるま湯の中 首までつかってる いつか凍るの それとも煮え立つの

328組感想番外編

自分語り

これは328組入学式当日にメモでポチポチ書いていたもの。とくに行き場がないので、今更だけどとりあえずここに落としておく。



GROUNDに到着。今は物販に並んでいるところ。わたしのみつやオタ人生をまとめたアルバム()をプレゼントするつもりだけど、まだ完成していない
GROUND付近には紫の小物を身につけている子や制服を着ている子(しかも紫)がいっぱい。そんな姿をみて正直ハッとした。私はもう、そういう発想すら失ってしまっていたのかもしれない
今日のこの日が、このイベントに参加することが今後にどう影響するか、今の私にはまだ分からないけど、どんな結果になっても大切にしたいと思う


アルバム作りに行こう

整理番号で並び始めてる。
列の誰かに「何番ですか」って聞いて、自分の番号付近を探して並ぶのはこの規模のイベントじゃないと有り得ないから、きっとこれで最後だ


入場。中盤くらいかな


後ろに並んでいるのは忍ミュからの古参ぽいけど、「ここが埋まるのと思わなかった」と言っていて、ああ私は過大評価だったのだと思った

思えば、黒ハンのときもそうだったな


ずっとジャニ垢見ちゃってたな
今はJUMPの話題の方が沸いてしまう
自分では終わりに仕向けてしまうから良くないね。でも冷め始めると早いんだよなあ…
他が沸騰してると、余計に、ね


あともうすぐではじまる
良くも悪くも、私の生き方が、かわろうとしている
変わる日
きっと



以上がイベントが始まる前の心境。
…その後の話は自分語りに書いた通り。