読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とはずがたり

ぬるま湯の中 首までつかってる いつか凍るの それとも煮え立つの

2015年活動報告〜8月〜

7月が忙しかったので8月は落ち着く月かと思いきや、みつやさんも矢崎さんも舞台出演はなかったけどイベントがあったから、そうでもなかったのでした。

終わった直後は馬鹿っぽい感想しかつぶやいていなかったけど、本当に本当にたのしくて幸せなイベントでした。




ON/OFFイベは、その場の空気を閉じ込めておきたい、読み返して思い出せるようにどんな細かいポイントでも書き残しておきたいっていう気持ちが強いので、詳細なレポへのモチベが非常に高くなります。その結果がこれ

  

  • TEAM LIVE FUDOMINE@AiiA 2.5 THEATER

ON/OFFイベからはしごで行ったのでバタバタしそうなのと、青学チムライが個人的にハマらなかったのもあって、行かなくてもいいかなくらいに思ってたんだけど、うれしい誤算というか、すっごく楽しかったです。





はやくドリライをみたい気持ちもあるけど、ルドでも山吹でもチムライやってほしいです。

  • 壱劇屋『サンプリングデイ』@in→dependent theater 2nd

patchの熱海を観るために大阪遠征は決まってまして、in→1stとin→2ndが激近だってTwitterで騒いでたら劇団員のにしぶんさんから直接リプいただいたので、こりゃあ行くしかねえ!ということで、初壱劇屋さんでした。



とは言え、今回はマッシュアッププロジェクトということで脚本自体はsundayさんのものなので、いつか大熊さんのお話を観たいなあと思います。
あと壱劇屋さんは身体が動く方たちなので、殺陣もみておきたいです。

8月後半は空けておけと言われたので従順に空けておいたら、これですよ。もうめっちゃ嬉しいし興奮して、大阪行きは即決でした。
拙い点はあるのだろうし、立花さんとの「巧さ」の差はあるんだろうけれど、それでも三好くんもけいごうくんも役者さんになってきてるんだって思わせられたし、なろうとしてる意気込みがばっちり感じられて、観に来て良かったなあと思いました。



in→1stは本当に狭い劇場で、後半で生花を使った演出があるんだけど客席後方にいた私のところまで香りが届いて、このキャパの劇場で観る熱海殺人事件というのはそれだけでたまらないものがあるなあ、とも思いました。

しかし7月に続いて8月も遠征というのは予想外の事態…。勢いで決めてしまったところがあるけれども、結果的には壱劇屋さんをみることになったり俺地図イベでいじられる三津谷さんをみたりと、充実した2日間でした。


すっごい良かったです。舞台上には紛れもなく紗南ちゃんと羽山がいました。剛くんはショタ過ぎてどうしたの?って思ったけど、初期の剛くんってあんな感じだった気もするし、剛くんの扱いはかわいそうなくらいがちょどいいよね、なんて思ったりもします。玲くん役はまさかの一慶さんだったわけだけど、大人キャストとしての安定感とギャグを担当しててバランス感覚が抜群でした。
キャスト陣も良かったけど、何よりもテンポが良くて、ちゃんと「こどちゃ」していたことが一番嬉しいし、アニメを含めた作品への愛が深くて、さすが大地監督〜!!とうれしくなりました。まろちゃん組とばびっと組と、どっちも見られれば良かったなって後悔するくらいにはよかったです。
チャックアップは直純くん的な役割でしたけど、直純くんを出しちゃうと話がややこしくなるからですかね。できれば続編もやってほしいけど、あそこまで作中で「続きは第2弾で!でも続きがあるとは限らない」ってネタにされるとあきらめがちですけど。


そんなわけで、8月1日は忘れられない1日になりました。大阪遠征は予定になかったけど、自分への誕生日プレゼントってことで泊まることにして本当に良い選択をしたって思います。やっぱり予算オーバーなんで反省はしていますが、後悔はしていません。