読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とはずがたり

ぬるま湯の中 首までつかってる いつか凍るの それとも煮え立つの

冒険者たち@サンシャイン劇場

えっとね、座席問題があったこの公演で席について言及するのもあれなんですが、この僻地だから声を大にして言いますね。ものすごく良い席でした。まあ最前ではありませんが前方ドセンでみやすいのなんの!!
ただ…それを加味しても作品として好きか嫌いかって言われると微妙なところです…。いや、素晴らしいキャスト陣で質は高いし、確実におもしろいんです!でも、冒険者たちという作品に対して期待値がかなり高いのが原因だと思われます。2009年に初演、2010年に再演があって、そして今回の作品になるわけですが、再演しかみたことないんですね。初演の評判が高くて、当時推しが出ていたわけではないんですが、まあ再演してくれるなら観に行こうじゃないかと思ったわけです。で、めちゃくちゃ面白かったんですよね。こんなわくわくする舞台があるものかと。その感動と興奮たるやって感じで、その感覚は美化されるもので…要は私の中で再演を超えられなかったってことです。
本格ミュージカルにアレンジと銘打ってるわけで、別物と捉えて差し支えないというか、むしろ捉えるべきなのかもしれませんが…。
パフォーマンスは素晴らしいです。まあ再演にはだいきっちゃんという爆弾かかえてたんで…wでもそれだけ、って言ったらさすがに言い過ぎだろうけど、今回はすごい良いショーをみたなって感覚に近いもん…。トシのエアリアルもあるし。まあ、どっちが好きですかって聞かれたら、再演ですねっていうことです。

一番大きいのはガンバの違いかな。原作未読なので、どちらが原作に沿っているのかわかりませんが、わたしにとってガンバは内藤大樹がつくった、あのへたれ気味なガンバなんですよ。りゅうじくんのガンバは頼もしすぎた!りゅうじくん自身もそうだし描かれ方がそうなっていることに違和感あって。
あとは、ノロイと戦うとことがあっさりしすぎで…。曲もカットだったし、たぶん今さん、ネズミに対して大きくするために高い靴履いてて、さらにやおや舞台なもんだから激しい動きが出来なかったのかもしれないんですけど、なんかノロイの迫力とか恐怖感ゼロでしたけど…?っていう。ラスト以外の登場シーンは照明とスモークで恐ろしい感じになってたんですけどね。

今回はD2からシオンも出てたわけで、でつっこが観てくれて嬉しかったです。ずっと続いていって子供にみてほしいですよね。ミュージカル楽しいねってなる作品。ねずみみ可愛いし。