読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とはずがたり

ぬるま湯の中 首までつかってる いつか凍るの それとも煮え立つの

℃-uteコンサートツアー2013春〜トレジャーボックス〜@よこすか芸術劇場

舞台

チョンガンネも観に行ったんですけど、それは後回しにして…
5月12日、念願の℃-uteコンサートに初参戦してまいりました。超絶たのしかったです!
ドリライ行けないことが確定して、悔しくて勢いでチケット取っちゃって^^;残席少なかったし、ハロ関係のツテがあるわけでもなければ譲渡の流通ルートもよく分からないしオクに手を出す気はないしで、ここで買っておかねば!っと思ったから…。でも、よくよく考えたら12日はチョンガンネ大阪楽だったわけで…。日程的には行けたし譲渡もあってチケットもどうにかなるってことで、失敗した><と思ったんですけど、結果的には行って良かったです。ずっと行きたかったのは嘘じゃないし。それに、どうしたって若手俳優が優先されてしまうので、勢い大事だな、と。行って良かったというより、まあお決まりですが、もっと早く行けばよかったなあと感じています。

初めてだからファミ席にしたので、座ったまま静かに観てきました。だから完全燃焼とまではいきませんでしたが。それでもパフォーマンスのレベルが高いから、眺めてるだけで十分満足できるんですね。そして何よりも、通学ベクトルを!生で!聞けたことが!最高に幸せです。まさか聞けるなんて思ってなかったから!!!本当に嬉しかったです。やっぱり愛理ちゃんのお歌はケタ違いに上手かったです。

会場は想像してたよりもずっと静かでした。まあ、1階のファンクラブゾーンにいなかったからかもしれませんが。あと、私の比較対象がドリライだからねw横アリとホール比べんなって話ですかね^^;ただ見る限りでは、自己主張のためのペンライトなのかなって思います。ドリライだと会場作りの一つでもあると思うんですよね。客はただ享受するだけではなく、キャラによるライブという形を成立させるためにコールしたりペンラふったりしてるんだろう、と。登場校ごとに色変えたり全員登場時はどこにも属さない白にしたりとかするのももちろんだけど、例えば、つねくんはつねくんの力だけで以てすでに跡部ではあるんだけど、それでも客の跡部コールによってより跡部に同化させていくんだってことを考えると、ファンが役者をキャラにする手助けをすると言えるわけで、ここが大きな違いなのかもと思います。唯一、誕生日にはそのメンバーの色で統一することは狙いが同じなんじゃないでしょうかね…

とりあえず、次も行きたい。ていうか、行く。席種は未定ですが。一般で埋もれんのいやだからファミ席でも…って思ってたんだけど、あおられても無反応だしアンコールも拍手すらしないし、正直さみしい。声だしが苦手な人とか嫌いな人があつまってるんですかね。公演中はいいとしても、アンコールってあって当然のものじゃないんで、聞くのならば拍手くらいはしたいし、してほしいですよね。だから今回入ってみて、なしかなと思っています。

なんだかんだ言っても、すっごい楽しかったです。アンコール終わってはける時、ギリギリまでステージに残って手を振ってた舞美ちゃんが、最後はお辞儀でもお手振りでもなくて、拳あげて℃-ute最高!って言ったのには、しびれました。ずるいよねえ。あー…武道館公演は絶対に行きたい。